FC2ブログ

相続人になるのは誰か?

Q.相続人になるのは誰か?


A.配偶者は常に相続人となる。 また,子が第1順位で,直系尊属が第2順位で,兄弟姉妹が第3順位で相続人となる。



相続人・・・


相続においては,亡くなった人のことを被相続人,その被相続人の相続財産(遺産)を相続する人のことを相続人といいます。


もっとも,誰でも相続人になれるわけではありません。 当然,相続人となる人は限られており,明確に民法に規定されています。



相続人となるのは誰か・・・


【民法 第887条】
1 被相続人の子は,相続人となる。
2 被相続人の子が,相続の開始以前に死亡したとき,又は第891条の規定に該当し,若しくは廃除によって,その相続権を失ったときは,その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし,被相続人の直系卑属でない者は,この限りでない。
3 前項の規定は,代襲者が,相続の開始以前に死亡し,又は第891条の規定に該当し,若しくは廃除によって,その代襲相続権を失った場合について準用する。


【民法 第889条】
1 次に掲げる者は,第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には,次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
① 被相続人の直系尊属。ただし,親等の異なる者の間では,その近い者を先にする。
② 被相続人の兄弟姉妹
2 第887条第2項の規定は,前項第2号の場合について準用する。


【民法 第890条】
被相続人の配偶者は,常に相続人となる。この場合において,第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは,その者と同順位とする。



相続人の順位


相続人には優先順位があります。 その優先順位とは,子が第1順位,直系尊属が第2順位,兄弟姉妹が第3順位です。


どういう意味かと言うと,被相続人に子がある場合は子が相続人となり,直系尊属や兄弟姉妹は相続人とはなりません。 子が無い場合や子が相続権を有しない場合には,直系尊属が相続人となり,兄弟姉妹は相続人とはなりません。 そして,子も直系尊属もない場合や相続権が無い場合には,兄弟姉妹が相続人となる,という意味です。


なお,直系尊属については,親等が近いものが優先されます。 つまり,被相続人に父母と祖父母がいる場合には,父母がまず相続人となり,父母がいない場合や相続権が無い場合には祖父母が相続人となるという意味です。



配偶者


上記のとおり,子,直系尊属及び兄弟姉妹は相続人となることができます。 では,被相続人の配偶者はどうかと言うと,実は,配偶者は常に相続人となることができると定められています。


つまり,上記の相続人の順位にかかわらず,配偶者は常に相続人となるということです。


例えば,被相続人に子がいる場合には配偶者と子とが相続人となり,子が相続できない場合には直系尊属と配偶者が相続人となり,子も直系尊属も相続できない場合には兄弟姉妹と配偶者が相続人となる,ということです。



代襲相続


なお,相続には代襲相続という制度があります。 簡単に言うと,相続人となるはずだった者が何らかの理由によって相続人となることができなかった場合に,その相続人となるはずだった者の子が代わりに相続人となる,という制度です。


したがって,子又は兄弟姉妹が相続人となる場合において,何らかの理由によって相続人となれなかった場合には,その子又はその兄弟姉妹の子が相続人となる,ということです。




【民法の関連情報】


姉妹ブログ


交通事故被害でお悩みの方や交通事故に関する法律問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「交通事故裁判の取扱説明書」をご覧ください。


ブログランキング


このブログがお役に立てたら,クリックで応援よろしくお願いします。
→ Jランクビジネスブログランキング


スポンサーサイト



法定相続分とは?

Q.法定相続分とは?


A.民法によって定められる相続分のことをいう。



法定相続分とは・・・


相続人が相続財産のうちのどれくらいの財産を譲り受けることができるのかという割合のことを,相続分といいます。


この相続分は,遺言によって指定することもできますし,遺産分割によって取り決めることもできるのですが,それらをしない場合には,民法の規定によって相続分が定められることになります。


この民法によって定められる相続分のことを「法定相続分」といいます。



法定相続分の具体的内容・・・


【民法 第900条】
同順位の相続人が数人あるときは,その相続分は,次の各号の定めるところによる。
① 子及び配偶者が相続人であるときは,子の相続分及び配偶者の相続分は,各2分の1とする。
② 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは,配偶者の相続分は,3分の2とし,直系尊属の相続分は,3分の1とする。
③ 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは,配偶者の相続分は,4分の3とし,兄弟姉妹の相続分は,4分の1とする。
④ 子,直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは,各自の相続分は,相等しいものとする。ただし,嫡出でない子の相続分は,嫡出である子の相続分の2分の1とし,父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は,父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。



配偶者と子が相続人の場合


配偶者と子が相続人の場合,配偶者に2分の1が,子に2分の1が割り振られ,子が複数人有る場合には,子に割り振られた2分の1がその複数の子に対して均等に割り振られることになります。


例えば,配偶者と3人の子が相続人である場合は,配偶者に2分の1,3人の子にそれぞれ2分の1÷3=6分の1が相続されることになります。


ただし,子のうちに嫡出子と嫡出でない子(非嫡出子)がいる場合には,非嫡出子は嫡出子の半分が法定相続分となります。


例えば,配偶者と嫡出子2人,非嫡出子1人が相続人で有る場合,配偶者に2分の1,嫡出子2人にはそれぞれ5分の1ずつ,非嫡出子に5分の1÷2=10分の1が割り振られることになるのです。



配偶者と直系尊属が相続人の場合


配偶者と直系尊属が相続人の場合,配偶者に3分の2が,直系尊属に3分の1が割り振られ,直系尊属が複数人ある場合には,直系尊属に割り振られた3分の1がその複数の直系尊属に対して均等に割り振られることになります。


例えば,配偶者と2人の直系尊属が相続人である場合には,配偶者に3分の2,2人の直系尊属にそれぞれ3分の1÷2=6分の1ずつが相続されることになります。



配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合


配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合,配偶者に4分の3が,兄弟姉妹に4分の1が割り振られ,兄弟姉妹が複数人ある場合には,兄弟姉妹に割り振られた4分の1がその複数の兄弟姉妹に対して均等に割り振られることになります。


例えば,配偶者と2人の兄弟姉妹が相続人である場合には,配偶者に4分の3,2人の兄弟姉妹にそれぞれ4分の1÷2=8分の1ずつが相続されることになります。




【民法の関連情報】


姉妹ブログ


弁護士・検察官・裁判官の法曹三者に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「法律と法曹の取扱説明書」をご覧ください。


ブログランキング


このブログがお役に立てたら,クリックで応援よろしくお願いします。
→ ブログランキングブログ王


扶養の義務とは?

Q,扶養義務とは?

A.独立して生活していけない人に対して,経済的に支援してあげなければならない義務のことをいう。 扶養義務を負う者は,民法に規定されている。



扶養義務とは・・・

【民法 第877条】
1 直系血族及び兄弟姉妹は,互いに扶養をする義務がある。
2 家庭裁判所は,特別の事情があるときは,前項に規定する場合のほか,3親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは,家庭裁判所は,その審判を取り消すことができる。


扶養義務とは,独立して生活していけない人に対して,経済的に支援してあげなければならない義務のことをいいます。

扶養されるべき人は,扶養義務を負っている者に対して,扶養義務に基づいて経済的援助をするように求めることができます。

もっとも,どのくらいの援助を求めることができるかは,扶養されるべき人と扶養義務者の収入などから,個別具体的に判断されることになるでしょう。



扶養義務者・・・

もちろん,何の関係もない人のためにお金を出してあげなければならなら義務があるというのもおかしな話ですから,誰もが扶養義務を負うわけではありません。

扶養義務を負うのは,原則として「直系血族」と「兄弟姉妹」であり,特別な事情がある場合には「親等内の親族」も扶養義務を負う場合があります。

直系血族とは,直系の血族のことで,先祖であれば両親,祖父母,曽祖父母・・・です。 子孫であれば子,孫,曾孫・・・です。 兄弟姉妹とはそのままですね。 ちなみに「けいていしまい」と読みます。

3親等内の親族とは,血族・姻族も含め,1親等,2親等及び3親等の親族のことをいいます。

ただし,3親等内の親族は,常に扶養義務を負うわけではありません。 扶養義務を負うのは,原則として「直系血族」と「兄弟姉妹」ですので,これらの人に経済力がない場合など特別な場合のみ,家庭裁判所が,審判によって,3親等内の親族を扶養義務者にすることができるとされています。




【関連書籍】






・・・債務整理の一手法である任意整理に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「任意整理と特定調停の取扱説明書」をご覧下さい。




プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top