スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不法行為における損害とは?

Q.不法行為における損害とは?


A.財産的損害と精神的損害を含む。不法行為がなかったならば維持されていたであろう被害者の財産状態と不法行為後の被害者の財産状況との差額を損害として捉えるという考えが基本的に採用されている。



損害


不法行為が成立するためには,「損害」が発生していなければなりません。例え故意過失に基づく権利侵害行為があったとしても,被害者側に損害が生じていなければ不法行為責任を追及することはできません。


民法710条に規定されているとおり,財産以外の損害に対しても不法行為責任が成立します。したがって,ここでいう損害には,財産的な損害と精神的な損害とが含まれるということになります。


精神的な損害の賠償とは,いわゆる慰謝料と呼ばれるものです。つまり,精神的な不愉快や苦痛を被ったことに対する賠償が慰謝料というわけです。



損害の考え方


損害の考え方については諸説ありますが,判例は「差額説」と呼ばれる考え方を採っていると考えられています。


差額説とは,すなわち,不法行為がなかったならば維持されていたであろう被害者の財産状態と不法行為後の被害者の財産状況との差額を損害として捉えるという考えです。


簡単に説明しますと,例えば,ある被害者のもとに不法行為前は100万円の財産がありましたが,不法行為によってその財産が20万円となってしまったという場合,損害は100万円と20万円との差額の80万円であると考えるということです。


もっとも,差額説は説明として明確ですが,精神的損害を上手く説明できないのではないかとか,逸失利益など将来的な損害を説明できないのではないかという批判もあります。そこで,差額ではなく,単純に発生した事実を基礎として損害を考えるべきであるという損害事実説という考え方が生まれました。


この損害事実説によれば,単純に精神的苦痛という事実や利益を逸失したという事実だけを考えればよいということになります。


現在の判例は,この損害事実説的な考え方も併せて採用しているとも言われています。


実務では,正直上記のような学説の区別はそれほど重視されていないと思いますが,個々の損害額を主張立証していく形で裁判が進んでいくので,どちらかというと損害事実説的な運用がなされているように思われます。


ちなみに,慰謝料は金銭的評価が難しいため,裁判例などの蓄積によって,算定金額についての一定の相場が一般的に用いられています。


特に,交通事故における慰謝料の算定表が,その他の事件の慰謝料についても参考とされることが多いです。





スポンサーサイト

不法行為における故意・過失とは?

Q.不法行為における故意・過失とは?


A.故意とは,損害の発生を認識していながらこれを容認して行為する心理状態をいう。 過失とは,損害が予見できたにもかかわらず,その予見できた損害を回避べき義務を怠ったことをいう。



過失責任の原則・・・


不法行為が成立するためには,権利侵害行為がなされることが必要となりますが,ただの権利侵害行為ではありません。


わざとでもなければ,何らの不注意もないのに相手方の権利を侵害してしまうということは,あり得る話です。


若干極端な例ですが,例えば,Aさんが道を歩いていた途中,いきなり後ろから何者かに殴られたため意識を失い,倒れこんだところ,ちょうど倒れこんだ先に歩いてきたBさんにぶつかり,Bさんはその反動で転倒して怪我をしてしまいました。


この場合,AさんがBさんに対して治療費等の損害を賠償しなければならないというのは,明らかに不自然,不合理です。


近代の民法は,自由主義をとっています。 つまり,個人の行為は原則として自由であるから,基本的には何をやっても許されるはずです。 しかしそれではその自由な行為によって損害を被った人に不利益であるし,社会の治安も守られません。


そこで,少なくとも,その自由な行為が故意または過失によって行われたような場合に限っては,その行為によって損害を被った人に対して法的な責任を背負うべきと考えることができます。 これを,「過失責任の原則」といいます。


我が民法もこの過失責任の原則を採用しており,そのため,不法行為の要件として,「故意または過失」が必要とされているのです。



故意・・・


「故意」というと,相手に損害を与えたやろうという意志のような意味に思えますが,法律上はそこまでの強い意味は持っていません。


法律上「故意」と言う場合は,損害の発生を認識していながらこれを容認して行為する心理状態をいうとされます。


つまり,損害が発生するかもしれないが,そうなってもかまわないと考えていることを故意というのです。 必ず損害を発生させてやる,というほどの強い意志は必要とされていないのです。


ただし,損害が発生することを認識していることは必要ですので,明らかに損害が発生することを認識していないと言えるような場合には,故意があったとまではいうことはできません。



過失・・・


損害発生の認識があったとまではいえないものの,注意すれば結果発生を認識できたはずであるという場合,言いかえれば,不注意によって損害を発生させてしまった場合には,「過失」があるとして責任を負うことがあります。


社会の一員として暮らしている以上,他人の権利や利益に対して無関心であることは許されません。 それぞれの立場において当然しなければならない注意を怠った場合,それによって他人に損害を与えたときは,やはりその不注意に関して法的な責任をとらなければならないでしょう。


すなわち,「過失」とは,現在では,損害が予見できたにもかかわらず,その予見できた損害を回避べき義務(結果回避義務)を怠ったこと(これを総じて「注意義務違反」ということがあります。)を「意味するとされます。


簡単に言うと,過失とは,不注意なことをすれば特定の損害が発生してしまうということが予測できたのに,その特定の損害が発生するような不注意な行為をしないようにちゃんと注意することを怠けてしまったこと,といえます。




【不法行為の関連情報】


関連書籍



姉妹ブログ


刑事弁護に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「刑事弁護の取扱説明書」をご覧ください。


ブログランキング


このブログがお役に立てたら,クリックで応援よろしくお願いします。
→ FC2 Blog Ranking


不法行為における権利侵害行為とは?

Q.不法行為における権利侵害行為とは?


A.他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為のこという。



不法行為における権利侵害行為・・・


【民法 第709条】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。


不法行為責任が成立する要件として,他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為があったことが必要となります。



他人の権利又は法律上保護される利益とは・・・


他人の権利には,大きく分けて,財産権,人格権及び身分権があります。


財産権とは,その名のとおり,財産に関する権利です。 財産権は多種多様ですが,さらに分類すれば,物権と債権とに分かれます。


人格権とは,例えば,身体,自由に関する権利や名誉権などを挙げることができます。 名誉棄損などの場合が典型的です。


身分権とは,身分に関する権利,例えば,代表者としての身分とか,親権者としての身分とか,配偶者としての身分などが挙げられます。 他の権利に比べれば,身分権侵害が不法行為として問題となる事例は少ないでしょう。


法律上保護される利益とは,上記の権利そのものよりは広い概念となります。 つまり,厳密に言うと権利として認められないものではあっても,何らかの法律上の保護が必要と考えられる利益については,この法律上保護される利益に含まれることになります。



侵害行為・・・


上記のような権利や法律上保護される利益が侵害された場合,不法行為の要件となる権利侵害行為となります。


この侵害の態様も,一概に言うことはできません。 実に様々な侵害の態様があり,類型化することも難しいものです。


誤解を恐れずにごく簡単に言うと,上記の権利や法律上保護される利益を損なうような行為は,大半が権利侵害行為に該当すると言ってもよいでしょう。




【民法の関連情報】


関連書籍



姉妹ブログ


刑法に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「刑法の取扱説明書」をご覧ください。


ブログランキング


このブログがお役に立てたら,クリックで応援よろしくお願いします。
→ にほんブログ村 法律・法学


不法行為とは?

Q.不法行為とは?


A.他人の権利や法律上保護される利益を侵害して損害を与える行為のことをいう。 その制度趣旨は,損害の公平な分担にある。



不法行為とは・・・


【民法 第709条】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。


上記条文のとおり,不法行為とは,他人の権利や法律上保護される利益を侵害して損害を与える行為のことをいうとされています。


人間社会は共同生活社会ですから,相互に利益をもたらすばかりではなく,相互に損害を与えてしまうような事態が生ずることは避けられません。 そうなった場合に,この生じた損害をどのように負担させるべきかが問題となってきます。


そこで,損害を公平に分担させるために設けられた制度が不法行為制度です。 つまり,損害を生じさせた責任を負担すべき者が,損害を被ったことに対して不法行為責任を負うことによって,損害を調整しようというのが不法行為制度の狙いなのです。


したがって,必ずしも加害者がすべての責任を負担するわけではなく,被害者にも何らかの落ち度があるような場合には,損害を公平に分担するという趣旨から,加害者の責任が軽減される場合もあるのです。



不法行為の効果・・・


不法行為が成立すると,不法行為をした加害者は,不法行為によって生じた損害を賠償する責任を負うことになります。


逆に言えば,被害者は,加害者に対して,損害賠償を請求することができます。 この損害賠償を請求する権利のことを「不法行為に基づく損害賠償請求権」といいます。


損害賠償は,原則として金銭でなされます。 これを金銭賠償の原則といいます。



不法行為の要件・・・


不法行為が成立するには,以下の要件が必要となります。

  1. 他人の権利又は法律上保護される利益を侵害したこと(権利侵害行為)
  2. 上記侵害行為について故意又は過失があったこと(故意又は過失)
  3. 損害が発生したこと(損害)
  4. 上記損害が上記侵害行為によって発生したこと(因果関係)


【関連書籍】





・・・自己破産や破産法に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「自己破産と破産法の取扱説明書」をご覧下さい。



プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。