スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動産とは?

Q.動産とは?

A.不動産以外のすべての物のことをいう。



「物」とは・・・

【民法 85条】
この法律において「物」とは,有体物をいう。


【民法 第86条】
1 土地及びその定着物は,不動産とする。
2 不動産以外の物は,すべて動産とする。
3 無記名債権は,動産とみなす。


民法上,物権客体となる有体物のことを「」(正式には「もの」と読みます。)といいます。 この「物」には,動産不動産の2種類があるとされています。



動産とは・・・

動産は,不動産以外のすべての「物」です。

自動車などは登録制度があるため,土地建物のような不動産と類似しているところがありますが,あくまで動産です。



無記名債権・・・

債権は,人に対する観念的な権利であって有体物ではないので,当然「物」には当たりません。

しかし,例外があります。 それが「無記名債権」です。 無記名債権だけは,債権でありながら,動産として,つまり「物」として扱われます。

無記名債権とは,証券債権者の表示がなく,債権の成立,存続及び行使の全てが証券によってなされる債権をいいます。 例えば,商品券とか乗車券とかは,この無記名債権に当たります。

無記名債権は,その証券が受け取ったときに受け取った人が権利を取得し,証券を持っている間は権利を持っていることになり,権利を行使するときは証券を呈示しなければなりません。

つまり,すべてが証券によって行われることになります。 現実的にみれば,権利=証券なのです。 そのため,債権でありながら,むしろその証券という「物」自体に権利が乗っかっているような感じですので,動産として扱われるのです。




【関連書籍】






・・・刑法に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「刑法の取扱説明書」をご覧下さい。




スポンサーサイト

不動産とは?

Q.不動産とは?

A.土地及びその定着物のことをいう。



「物」とは・・・

【民法 85条】
この法律において「物」とは,有体物をいう。


【民法 第86条】
1 土地及びその定着物は,不動産とする。
2 不動産以外の物は,すべて動産とする。
3 無記名債権は,動産とみなす。


民法上,物権客体となる有体物のことを「」(正式には「もの」と読みます。)といいます。 この「物」には,動産不動産の2種類があるとされています。



不動産とは・・・

不動産とは,「土地」及び「土地の定着物」のことをいいます。

土地とは何かということは言うまでもないと思いますが,分かりにくいのは,土地の定着物の方でしょう。

土地の定着物とは,土地の構成物ではないが,土地に固定しているため,取引通念上,土地と一体のものとして扱われている物のこといいます。



土地の構成物とは・・・

土地の構成物とは,土・砂などまさに土地そのものを構成している物のことをいいます。 または,取引通念上,土地と切り離して取引をする価値のない物,例えば,土地に生えている草や樹木なども,原則として土地の構成物ということになります。

よく間違っている人がいるのですが,土地の構成物と土地の定着物とは全然違う物ですから気をつけて下さい。

土地の構成物は土地から独立して別個の不動産となることはありませんが,土地の定着物は土地とは別個の不動産です。



土地の定着物とは・・・

土地構成物が上記のような物だとすると,土地の定着物とは,これら以外で土地と一体の物として取り扱われている物のことをいうことになります。

代表的な物は「建物」です。 外国では,建物は土地と一体の不動産として扱われている場合も多いのですが,日本の民法では,土地と建物は別個の不動産として取り扱われています。

その証拠に,土地と建物とは別々に登記をしなければなりませんし,固定資産税も土地と建物では別々に課税されています。

その他にも,明認方法を施した樹木や立木法の登録をした樹木なども,土地とは別個の不動産として扱われることになります。




【関連書籍】






・・・相続問題について興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「相続問題の取扱説明書」をご覧下さい。




「物」とは?

Q.「物」とは?

A.「物」とは,物権の客体となる有体物のことをいう。 「物」には不動産と動産がある。 不動産とは,土地及びその定着物のことをいう。 動産とは,不動産以外の物のことをいう。



「物」とは・・・

【民法85条】
この法律において「物」とは,有体物をいう。


民法上,物権客体を「」といいます。 つまり,所有権などの物権は,「物」の上に成立するということです。

この「物」は,「有体物」であるとされます。 有体物とは,液体・固体・気体として実体の有る物のことをいいます。

したがって,電気や熱などのエネルギーそれ自体は,民法上の「物」には当たらないということになります。 ただし,エネルギーそれ自体も,「物」又は「物」に類似するものとして扱うという解釈をすることも可能です。



「物」の類型・・・

【民法第86条】
1 土地及びその定着物は,不動産とする。
2 不動産以外の物は,すべて動産とする。
3 無記名債権は,動産とみなす。


「物」には,動産不動産の2種類があります。

不動産とは,土地及び土地の定着物のことをいいます。 土地定着物の代表的な例は,建物です。

これに対し,動産とは,不動産以外の「物」のことをいいます。 無記名債権債権であって「物」とはちょっと違う感じがするかもしれませんが,動産に含まれるとされています。



その他の分類の方法・・・

「物」については,動産・不動産の他に,主物・従物という分類天然果実と法定果実という分類特定物・不特定物という分類可分物・不可分物という分類代替物・不代替物という分類消費物・非消費物という分類,あるいは,融通物・不融通物という分類など,実に様々な分類が可能です。




【関連書籍】






・・・弁護士・裁判官・検察官という法曹三者について興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「法律と法曹の取扱説明書」をご覧下さい。




プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。