スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養の義務とは?

Q,扶養義務とは?

A.独立して生活していけない人に対して,経済的に支援してあげなければならない義務のことをいう。 扶養義務を負う者は,民法に規定されている。



扶養義務とは・・・

【民法 第877条】
1 直系血族及び兄弟姉妹は,互いに扶養をする義務がある。
2 家庭裁判所は,特別の事情があるときは,前項に規定する場合のほか,3親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは,家庭裁判所は,その審判を取り消すことができる。


扶養義務とは,独立して生活していけない人に対して,経済的に支援してあげなければならない義務のことをいいます。

扶養されるべき人は,扶養義務を負っている者に対して,扶養義務に基づいて経済的援助をするように求めることができます。

もっとも,どのくらいの援助を求めることができるかは,扶養されるべき人と扶養義務者の収入などから,個別具体的に判断されることになるでしょう。



扶養義務者・・・

もちろん,何の関係もない人のためにお金を出してあげなければならなら義務があるというのもおかしな話ですから,誰もが扶養義務を負うわけではありません。

扶養義務を負うのは,原則として「直系血族」と「兄弟姉妹」であり,特別な事情がある場合には「親等内の親族」も扶養義務を負う場合があります。

直系血族とは,直系の血族のことで,先祖であれば両親,祖父母,曽祖父母・・・です。 子孫であれば子,孫,曾孫・・・です。 兄弟姉妹とはそのままですね。 ちなみに「けいていしまい」と読みます。

3親等内の親族とは,血族・姻族も含め,1親等,2親等及び3親等の親族のことをいいます。

ただし,3親等内の親族は,常に扶養義務を負うわけではありません。 扶養義務を負うのは,原則として「直系血族」と「兄弟姉妹」ですので,これらの人に経済力がない場合など特別な場合のみ,家庭裁判所が,審判によって,3親等内の親族を扶養義務者にすることができるとされています。




【関連書籍】






・・・債務整理の一手法である任意整理に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「任意整理と特定調停の取扱説明書」をご覧下さい。




スポンサーサイト

消費寄託契約とは?

Q.消費寄託契約とは?

A.受寄者が寄託物を消費でき,同種・同品質・同数量の物を返還すれば足りるという寄託契約のことをいう。



消費寄託契約とは・・・

【民法 第666条】
第5節(消費貸借)の規定は,受寄者が契約により寄託物を消費することができる場合について準用する。


寄託契約は,他人の物を預るという契約です。 当然,いつかは預った物そのものをそのまま返還することになります。

しかし,預った物そのものを返す必要がないという場合もあります。 同じ種類・品質の物を同じ数量だけ返せば足りるということもあるのです。

同種・同品質・同数量の物を返しさえすればよいのですから,預った物を受寄者が利用しても問題はないということになります。

つまり,受寄者が寄託物を自由に「消費」できるわけです。 そのため,このように,受寄者が寄託物を消費できる寄託契約のことを「消費寄託契約」といいます。

消費寄託契約については,消費貸借契約の規定が準用されます。 保管又は賃借している他人の物を消費してもよいという点で,共通点があるからです。



例えば・・・

代表的なものは,銀行預金です。 これも寄託契約ですが,返してもらう方は預けた金額さえ返してもらえば問題はありませんから,銀行は,預ったお札やコインを返す必要もありません。

銀行は,預っているお金を自ら運用することができます。 つまり,預ったお金を消費できるわけです。

そして,預金者から払戻の請求を受けたときは,預金額に相当する金銭を返還すればよく,預ったときのお札やコインそのものを返還する必要はないのです。




【関連書籍】






・・・借金問題解決の方法である債務整理に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「債務整理の取扱説明書」をご覧下さい。




寄託契約とは?

Q.寄託契約とは?

A.受寄者が,寄託者に対して寄託者のために保管することを約束し,寄託者からその物を受け取ることによって成立する契約のことをいう。



寄託契約とは・・・

【民法 第657条】
寄託は,当事者の一方が相手方のために保管をすることを約してある物を受け取ることによって,その効力を生ずる。


寄託契約とは,ある物を保管する人(受寄者)が,保管してもらう人(寄託者)に対して寄託者のために保管することを約束し,寄託者からその物を受け取ることによって成立する契約です。 簡単に言うと,物の保管契約のことです。

銀行の預金も,金銭という物を預金者のために銀行が保管する寄託契約ですが,預った金銭を銀行が自由に使うことができ,その代わりに同じ金額を返せばよいというものですのですから,寄託は寄託でも,消費寄託契約と呼ばれる特殊な寄託契約です。

なお,寄託契約は,寄託者のために保管する契約ですから,自分のために保管する場合は寄託契約とはいえません。



寄託契約の性質・・・

寄託契約は,原則として受寄者が保管義務を負うだけで,寄託者は義務を負いません。 したがって,片務契約です。

寄託契約は,保管手数料等を取り決めない限り,原則として無償であるとされています。 したがって,無償契約です。

寄託契約は,受寄者が保管を約束しただけでは成立せず,それとともに受寄者が寄託者から寄託の目的物を受け取ることによって成立します。 したがって,要物契約です。




【関連書籍】





・・・相続問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「相続問題の取扱説明書」をご覧下さい。




子の監護に関する義務とは?

Q.子の監護に関する義務とは?

A.子の監護とは,親権者が子の身上を監督,保護し,子を育成することをいう。 そして,親権者は,子の監護をする義務を負う。



子の監護とは・・・

子の監護とは,子の身上監護することをいいます。 子の住まいを決めたり,しつけをしたり,教育を施したり,子がすることについて様々な同意や許可を出したりすることなど,子供の身体に関する監督・保護・育成をすることです。

要するに,子どものために衣食住を整えて子育てをすることといえます。 これを「身上監護権」といいます。

親権者は上記のような身上監護権のほかに子の財産管理権を有しています。 つまり,監護権というものは,親権の一部なのです。



子の監護義務とは・・・

【民法第820条】
親権を行う者は,子の監護及び教育をする権利を有し,義務を負う。


上記のように,子の監護について親権者又は監護権者権利を持っていますが,同時に,子の監護をしなければならないという義務も負っています。

身上監護権を有する者,つまり親権者は,自らちゃんと子育てをしなければならないという義務を負うのです。

この監護権・監護義務は,通常,親権者が有し又は負うことになりますが,親権者が監護権者・監護義務者として不適当である場合には,別の者を監護権者・監護義務者とすることができます。

そして,この監護義務に基づいて,子は,親権者等に対して養育費の請求をすることができます。 監護権者には子どもの生活の面倒をみる義務があるからです。




【関連書籍】






・・・交通事故に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「交通事故の取扱説明書」をご覧下さい。




婚姻から生ずる費用の分担の義務(婚姻費用の分担義務)とは?

Q.婚姻から生ずる費用の分担の義務(婚姻費用の分担義務)とは?

A.婚姻費用とは,婚姻によって発生する費用のことをいう。 婚姻費用の分担義務とは,婚姻した夫婦は相互に,その資産,収入その他一切の事情を考慮して,婚姻から生ずる費用を分担しなければならないとする義務のことをいう。



婚姻によって発生する義務・・・

婚姻」とは,要するに「結婚」することです。 男女が単純に交際しているのではなく,結婚するというのですから,当然,単なる交際とは異なった様々な効果が発生します。

その効果として,夫婦間には婚姻費用の分担義務が発生します。

【民法第760条】
夫婦は,その資産,収入その他一切の事情を考慮して,婚姻から生ずる費用を分担する。





婚姻費用とは・・・

婚姻費用とは,婚姻によって発生する費用のことをいいます。 結婚してから離婚するまでの間に夫婦生活を維持するための費用ということです。 端的に言えば,結婚生活中の生活費です。

もちろん生活費そのものだけではなく,医療費や子どもの養育・教育費なども婚姻費用に含まれます。 これらは,婚姻生活において必要不可欠の支出といえるからです。



婚姻費用の分担義務とは・・・

この婚姻費用は,夫婦間で分担していかなければならないとされています。 つまり,婚姻費用は,夫婦が互いに負担していかなければならないのです。

もちろん,絶対に2分の1となるわけではありません。 夫婦双方の資産や収入や婚姻費用の分担が必要となった事情などに応じて,どちらかが多く負担したりするということは当然ありえます。

常識的に考えても,夫婦のうち収入が多いほうが婚姻費用を多く負担するというのは,それほど不思議なことではないと思います。

この婚姻費用分担義務に基づいて,夫婦の一方が相手方に対して婚姻費用の分担を求めることは可能です。 特に離婚の際に問題となります。




【関連書籍】






・・・離婚問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「離婚問題の取扱説明書」をご覧下さい。




夫婦間の協力・扶助義務とは?

Q.夫婦間の協力及び扶助の義務とは?

A.婚姻によって発生する夫婦間の義務で,夫婦は互いに協力し扶助しなければならないとする義務のことをいう。



婚姻によって発生する義務・・・

婚姻」とは,要するに「結婚」することです。 男女が単純に交際しているのではなく,結婚するというのですから,当然,単なる交際とは異なった様々な効果が発生します。

その効果として,夫婦間に協力・扶助の義務が発生します。

【民法第752条】
夫婦は同居し,互いに協力し扶助しなければならない。





夫婦間の協力義務とは・・・

夫婦は互いに協力しなければならないという義務を負います。 これを夫婦間の協力義務といいます。

夫か妻の一方に,婚姻生活のすべての責任を押し付けるようなことは許されていません。 夫婦が協力し合って婚姻生活を送っていくことが求められているのです。

例えば,夫婦の一方が生活費を全然出してくれないという場合,協力義務違反を理由として生活費を請求することができる場合があります。

もっとも,どの程度の生活費を請求できるのかは,夫と妻の収入や資産の額などによって異なってくるでしょう。

なお,離婚する場合,この協力義務違反も,離婚の理由があるかないかを判断する際に重要な要素となるということがあります。



夫婦間の扶助義務とは・・・

夫婦間の扶助義務とは,夫婦の一方が扶助を必要とするような状態になった場合,他方が自分と同等の生活をすることができるように援助してあげなければならないという義務のことをいいます。

夫婦の一方が困っているとき,他方はそれを助けてあげなければいけないということが求められているのです。

例えば,夫婦の一方が怪我をして働けなくなった場合,相手方に対して,相手方と同程度の生活ができる程度の生活費を請求することができる場合があります。

もちろんこれも,夫と妻の収入や資産の額,生活状況などによって異なってくるでしょう。 

なお,離婚する場合,この扶助義務違反も,離婚の理由があるかないかを判断する際に重要となってくるということはあります。




【関連書籍】






・・・弁護士・検事・裁判官に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「法律と法曹の取扱説明書」をご覧下さい。




夫婦間の同居義務とは?

Q.夫婦間の同居義務とは?

A.婚姻によって生じる効力の1つで,夫婦は同居しなければならないとする義務のことをいう。



婚姻によって発生する義務・・・

婚姻」とは,要するに「結婚」することです。 男女が単純に交際しているのではなく,結婚するというのですから,当然,単なる交際とは異なった様々な効果が発生します。

その効果として,夫婦間に同居の義務が発生します。

【民法第752条】
夫婦は同居し,互いに協力し扶助しなければならない。





夫婦間の同居義務とは・・・

婚姻した夫婦は,互いに同居しなければならないという義務を負います。 別居ではいけないのです。

もっとも,この義務は倫理的な規定ですので,強制力はありません。 つまり,例えば,夫婦の一方が別居したとしても,もう一方は同居するように裁判に訴えて強制執行をしたり,慰謝料等の損害賠償を請求したりすることは原則としてできません。

もっとも,同居しなかったことにより,もう一方に不当な損害が発生したような場合には,損害賠償等の請求をすることができる可能性がありますが,極めて稀な事例に限られるでしょう。

ただし,離婚する場合,この同居義務違反は,離婚の理由があるかないかを判断する際に重要となってくるということはあります。




・・・関連書籍






・・・刑事弁護に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「刑事弁護の取扱説明書」をご覧下さい。




プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。