スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不法行為とは?

Q.不法行為とは?


A.他人の権利や法律上保護される利益を侵害して損害を与える行為のことをいう。 その制度趣旨は,損害の公平な分担にある。



不法行為とは・・・


【民法 第709条】
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負う。


上記条文のとおり,不法行為とは,他人の権利や法律上保護される利益を侵害して損害を与える行為のことをいうとされています。


人間社会は共同生活社会ですから,相互に利益をもたらすばかりではなく,相互に損害を与えてしまうような事態が生ずることは避けられません。 そうなった場合に,この生じた損害をどのように負担させるべきかが問題となってきます。


そこで,損害を公平に分担させるために設けられた制度が不法行為制度です。 つまり,損害を生じさせた責任を負担すべき者が,損害を被ったことに対して不法行為責任を負うことによって,損害を調整しようというのが不法行為制度の狙いなのです。


したがって,必ずしも加害者がすべての責任を負担するわけではなく,被害者にも何らかの落ち度があるような場合には,損害を公平に分担するという趣旨から,加害者の責任が軽減される場合もあるのです。



不法行為の効果・・・


不法行為が成立すると,不法行為をした加害者は,不法行為によって生じた損害を賠償する責任を負うことになります。


逆に言えば,被害者は,加害者に対して,損害賠償を請求することができます。 この損害賠償を請求する権利のことを「不法行為に基づく損害賠償請求権」といいます。


損害賠償は,原則として金銭でなされます。 これを金銭賠償の原則といいます。



不法行為の要件・・・


不法行為が成立するには,以下の要件が必要となります。

  1. 他人の権利又は法律上保護される利益を侵害したこと(権利侵害行為)
  2. 上記侵害行為について故意又は過失があったこと(故意又は過失)
  3. 損害が発生したこと(損害)
  4. 上記損害が上記侵害行為によって発生したこと(因果関係)


【関連書籍】





・・・自己破産や破産法に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「自己破産と破産法の取扱説明書」をご覧下さい。



スポンサーサイト

債権・債務とは?

Q.債権・債務とは?

A.債権とは,特定人に対して一定の行為又は給付を要求する法的権利のことをいう。 債務とは,特定人に対して一定の行為又は給付をしなければならない法的義務のことをいう。



債務とは・・・

債務とは,特定の人に対し,一定の行為・給付をしなければならない法的義務をいいます。 要するに,誰かに対して何かをしてあげなければいけない義務のことです。 債務を負っている人のことを,債務者といいます。



債権とは・・・

これに対し,債権とは,この債務の履行を受けることのできる法的権利のことをいいます。 債権を持っている人のことを,債権者といいます。



例えば・・・

借金を背負っている人の例でいうと,貸金業者など貸主は,お金を返してもらうという「債権」を持っています。 したがって,貸主は「債権者」です。

他方,借主は,お金を返さなければならないという「債務」を負っています。 したがって,借主は「債務者」です。

もちろん金銭債権・債務だけではありません。 例えば,建物の建築を頼む請負契約の場合(代金支払の点は考えないとして・・・),建築を注文する注文者は,債権者となります。 建築を請け負う請負人は,債務者となります。



【債権債務の関連書籍】



・・・姉妹ブログ「債務整理の取扱説明書」もよろしくお願いします。



プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。