スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫡出子と非嫡出子とは?

Q.嫡出子(ちゃくしゅつし)と非嫡出子(ひちゃくしゅつし)とは?


A.嫡出子とは,婚姻関係にある父母から出生した子のことをいい,非嫡出子とはそうでない子のことをいう。非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1となる。



嫡出子と非嫡出子


法律上の子の区別として,嫡出子(ちゃくしゅつし)非嫡出子(ひちゃくしゅつし)というものがあります。嫡出子とは,婚姻関係にある父母から出生した子のことをいい(ただし,養子などのように実際に生まれた子でない場合でも嫡出子となることはあります。),非嫡出子とはそうでない子のことをいいます。


我が国では,法律に基づく婚姻関係(法律婚)を家族関係の中心においていることから,この法律婚関係にある男女の間に生まれた子が,言ってみれば「正統」であり,そうでない子は正統から外れるという取り扱いを法的に認めたのが,この嫡出子の制度ということができます。



嫡出子と非嫡出子の相違点


嫡出子と非嫡出子には戸籍記載上の違いなどもありますが,何より最大の違いは,相続分が異なるという点です。すなわち,非嫡出子の相続分は,嫡出子の半分であるとされています。


例えば,結婚をしているAさん(父)とBさん(母)との間にDという子が生まれました。このDは,嫡出子ということになります。


ところが,Aさんには別にCさんという女性がいて,このCさんとの間にもEという子が生まれていました。Bさんと婚姻関係にある以上,Cさんとの間には婚姻関係はありませんから,Cさんとの間に生まれたEは非嫡出子であるということになります。


ここで,Aさんが(認知をせずに)死亡したとします。その場合,まず配偶者のBさんに遺産の半分が相続されます。次に,残りの半分がDとEに割り振られることになります。


問題はこのDとEの相続分です。両人は父を同じくする兄弟ですが,Dは嫡出子,Eは非嫡出子ですから,前述のとおり,Eの相続分はDの相続分の半分となります。


したがって,Bさんに2分の1,Dに2分の1の3分の2=6分の2(3分の1),Eに2分の1の3分の1=6分の1が相続されるというわけです。



非嫡出子に対する差別の問題


このような嫡出の制度は,「家」とか「家督」とかを血よりも重んじるという時代にあってはそれなりの合理性があったのかもしれません。


しかし,現代のように,そのような家制度的な発想が薄れ,また法律婚だけでなく事実婚(内縁関係)もそれなりに尊重されるようになりつつある時代においては,もはや根本的に必要性が乏しくなってきていると言われています。


むしろ,現在では,嫡出制度の差別的な側面,つまり,非嫡出子は法律婚に基づく男女の間の子でないというだけで差別を受けることになるという側面が,憲法の定める平等原則に違反するのではないかということが問題となってきています。


最高裁判所も,かつては(というよりも最近まで)嫡出制度には合理性があり平等に反しないと判断していました。しかし,近時,非嫡出子の相続分に関しての合憲性が争われていた事案で,その判断を最高裁の大法廷に委ねるという決定がなされました。


重大な憲法判断や従前の最高裁判例を変更する場合には,最高裁の大法廷によって判断しなければならないとされています。そのため,今回,非嫡出子の問題につき大法廷に判断がゆだねられたということは,その判断も変更される日がついに来たのではないかと言われています。





スポンサーサイト

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。