スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用契約とは?

Q.雇用契約とは?


A.当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し,相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって成立する契約のことをいう。



雇用契約とは


【民法 第623条】
雇用は,当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し,相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって,その効力を生ずる。


雇用契約とは,要するに,人を雇うまたは人に雇われるということを内容とする契約です。労働契約と呼ばれることもあります(ただし,雇用契約と労働契約とは,厳密に言うと,若干違いがあります。)。


雇用契約は,労働に従事する側とその労働の提供を受ける側との契約です。労働に従事し労働を提供する側の当事者のことを「被用者」と呼ばれ(労働基準法では労働者と呼ばれます。),労働を提供される側の当事者を「使用者」と呼ばれます。


雇用契約の要素は,被用者が使用者に対して労働に従事することを約束することと,使用者がその労働の提供に対して報酬を支払うことを約束することにあります。


労働に従事するということは,使用者の指揮命令監督のもとで労働をするということです。何らの指揮命令監督を受けずに自由に働いてよいという場合は労働に従事しているとはいえず,雇用契約にはなりません。


また,報酬を支払わないで労働の提供を受けるという契約,つまり,ただ働きも雇用契約ではありません。あくまで,報酬を支払うことが要素となっていなければならないのです。



雇用契約の性質


雇用契約は,被用者が使用者のために労働に従事する義務を負い,他方,使用者はその労働に対して被用者に報酬を支払う義務を負っています。したがって,双務契約です。


前記のとおり,雇用契約は報酬を支払うということが要素となっていなければなりません。したがって,有償契約です。


雇用契約は,現実に労働を提供したり報酬を支払ったりしなくても,労働に従事することを約束し報酬を支払うことを約束すれば契約として成立します。したがって,諾成契約です。





スポンサーサイト

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。