スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「損失を及ぼしたこと」とは?

Q.「損失を及ぼしたこと」とは?

A.他人の財産又は労務による何らかの出来事がなかった場合と,その出来事があった場合とを比べて,後者の場合の方が前者の場合よりも財産総額が減少していることをいう。



不当利得の要件・・・

【民法 第703条】
法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け,そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において,これを返還する義務を負う。


不当利得要件は,以下のとおりです。

 ・ 利得があること
 ・ 損失を及ぼしたこと
 ・ 利得と損失との間に因果関係があること
 ・ 法律上の原因がないこと





「損失を及ぼしたこと」とは・・・

不当利得の制度は,ある人の損失によって不当に利益を得た人は,その利益を損失を被った人に返すのが公平であるという考えに基づいて創られた制度です。

したがって,不当利得が成立するためには,誰かが利得を受益した一方で,誰か他人に「損失を及ぼしたこと」が必要となってくるのです。 この損失を受けた他人のことを「損失者」といいます。



損失とは・・・

損失を及ぼすとは,どういうことかというと,他人の財産又は労務による何らかの出来事がなかった場合と,その出来事があった場合とを比べて,後者の場合の方が前者の場合よりも財産総額が減少していることをいいます。

このように財産総額を基準としますから,単純にもっていた物やお金を失った場合など(積極的減少)だけでなく,本来であれば得られたはずの財産を得られなかった場合(消極的減少)も,損失を及ぼされたということになります。



例えば・・・

消極的減少ということの意味は,ちょっと分かりにくいかもしれません。 そこで,雇用主が従業員をただ働きさせているという場合で考えてみます。

この従業員は,他のところで働けば給料や賃金をもらえるような仕事なのに,雇用主に無理やりただで働かされているとしましょう。

他方,雇用主は,他に人を雇ったらお金がかかるはずであるにもかかわらず,従業員をただ働きさせることによって,その他人を雇うお金を支払わずに済んでいるのです。

この仕事は普通であれば100万円の賃金をもらえる仕事であるとした場合,従業員は,無理やりただ働きをさせてられているせいで,本来であればもらえる100万円をもらえなくなってしまうという「損失」を被っています。

100万円もらえていないだけですから,外見上,従業員の財産全体の額には変動はありません。 しかし,本来であればプラス100万円になっていたはずの財産が,プラスマイナス0にとどまってしまっているのですから,雇用主にただ働きさせられていることによって,100万円分の損失を被っているといえるのです。

このように,本来増加するはずの財産が増えなかった場合を,消極的減少といいます。



【関連書籍】






・・・離婚問題に興味をお持ちの方は,「離婚問題の取扱説明書」をご覧下さい。




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://minnpou.blog81.fc2.com/tb.php/19-ff7618ec

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。