スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利得と損失との間の因果関係とは?

Q.利得と損失との間の因果関係とは?

A.利得と損失との間に社会観念上の因果関係があることをいう。



不当利得の要件・・・

【民法 第703条】
法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け,そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において,これを返還する義務を負う。


不当利得要件は,以下のとおりです。

 ・ 利得があること
 ・ 損失を及ぼしたこと
 ・ 利得と損失との間に因果関係があること
 ・ 法律上の原因がないこと




利得と損失との間の関係・・・

不当利得の制度は,ある人の損失によって不当に利益を得た人は,その利益を損失を被った人に返すのが公平であるという考えに基づいて創られた制度です。

したがって,不当利得が成立するためには,利得を受けた人と,その反対に損失を被った人がいるということが必要となります。

もっとも,利得を受けた人(受益者)と損失を被った人(損失者)がいれば,不当利得が成立するというものではありません。

例えば,Aさんが株で100万円儲けました。 他方,全然関係ないところで,Bさんが100万円を泥棒に盗まれました。 Bさんは100万円の損失を被ったので,Aさんに対して100万円を不当利得として返還できるでしょうか?

当然のことですが,できません。 常識的に考えても,全然関係なく損失を受けた人が誰でも彼でも利益を得た人相手に請求をすることができるわけがないということは分かるでしょう。

つまり,利得と損失との間に一定の関係がなければ,不当利得返還は請求できないのです。



どんな関係が必要か・・・

では,不当利得が成立するためには,利得と損失との間に,どういった関係性があればよいのでしょうか?

先ほども説明しましたが,不当利得の制度は,ある人の損失によって不当に利益を得た人は,その利益を損失を被った人に返すのが公平であるという考えに基づいて創られた制度です。

そうすると,不当利得が成立するには,受益者が利得を得たのは,損失者が損失を被ったおかげである,あるいは,損失者が損失を被ったことが引き金となっているという関係がなければなりません。

つまり,損失者の損失と受益者の利得とが,原因と結果の関係になっていなければならないのです。 こういう関係のことを「因果関係」といいます。

このように不当利得の成立には,利得と損失との間に因果関係がなければならないのです。

では,どの程度の因果関係が必要となるのかというと,ある程度ゆるやかに,社会観念上利得と損失との間に因果関係があると認められる場合であれば足りるものと考えられています。




【関連書籍】






・・・民法以外の法律や法律実務一般について興味をお持ちの方は,「法律と法曹の取扱説明書」をご覧下さい。




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://minnpou.blog81.fc2.com/tb.php/20-c0ebef03

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。