スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「法律上の原因がないこと」とは?

Q.「法律上の原因がないこと」とは?

A.財産的価値の移動をその当事者間において正当なものとするだけの公平の理念からみた実質的・相対的な理由がないことをいう。



不当利得の要件・・・

【民法 第703条】
法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け,そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において,これを返還する義務を負う。


不当利得要件は,以下のとおりです。

 ・ 利得があること
 ・ 損失を及ぼしたこと
 ・ 利得と損失との間に因果関係があること
 ・ 法律上の原因がないこと





「法律上の原因がないこと」とは・・・

不当利得の制度は,ある人の損失によって不当に利益を得た人は,その利益を損失を被った人に返すのが公平であるという考えに基づいて創られた制度です。

単なる利得損失があるという話ではありません。 誰かが利得したことによって誰かが損失を被るということは,当然ありうることです。

例えば,AさんとBさんとが贈与契約を結び,それに基づいてAさんがBさんに100万円をあげたとします。 この場合も,Aさんは100万円を失うという損失を受け,それによってAさんは100万円を利得しています。

しかし,これは契約に基づく利得と損失です。 契約が無効や取り消しうる場合はともかく,自分で契約を締結しておきながら,AさんがBさんに対して100万円を不当利得であるとして返還請求することができるとすると,Bさんとしてはたまったものではありません。

つまり,誰かが利得し,誰かが損失を受け,この利得と損失との間に因果関係があったとしても,それだけで不当利得が成立するわけではないのです。

では,どんな場合に不当利得が成立するのかと言えば,それは,その利得を損失者に返すのが公平であると言える場合,すなわち,その利得を認めることが「不当」であるという場合です。

そして,この利得の不当性が,「法律上の原因がないこと」という要件になります。



「法律上の原因がないこと」の意味・・・

では,「法律上の原因がないこと」とはどういう意味かというと,財産的価値の移動をその当事者間において正当なものとするだけの公平の理念からみた実質的・相対的な理由がないという意味であるとされています。

簡単にいうと,損失者の損失によって受益者が利得したとしても不公平とまでは言えない,といえるだけの正当な理由が無いことを意味します。

例えば,先ほどの例でいくと,Aさんの100万円という損失によってBさんは100万円の利得を得ていますが,贈与契約に基づいているという正当な理由がありますから,何ら不公平とはいえません。 したがって,法律上の原因があるといえます。

なお,「法律上の」という文言から,あたかも契約など何らかの法律に明確に規定されているような権利がなければならないような誤解をしてしまいがちですが,そこまで厳格なものではなく,不公平とは言えない程度の実質的な理由があれば,不当利得とはなりません。




【関連記事】






・・・借金問題解決の方法である任意整理や特定調停について興味をお持ちの方は,「任意整理と特定調停の取扱説明書」をご覧下さい。




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://minnpou.blog81.fc2.com/tb.php/21-b8b80ec7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。