スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産とは?

Q.不動産とは?

A.土地及びその定着物のことをいう。



「物」とは・・・

【民法 85条】
この法律において「物」とは,有体物をいう。


【民法 第86条】
1 土地及びその定着物は,不動産とする。
2 不動産以外の物は,すべて動産とする。
3 無記名債権は,動産とみなす。


民法上,物権客体となる有体物のことを「」(正式には「もの」と読みます。)といいます。 この「物」には,動産不動産の2種類があるとされています。



不動産とは・・・

不動産とは,「土地」及び「土地の定着物」のことをいいます。

土地とは何かということは言うまでもないと思いますが,分かりにくいのは,土地の定着物の方でしょう。

土地の定着物とは,土地の構成物ではないが,土地に固定しているため,取引通念上,土地と一体のものとして扱われている物のこといいます。



土地の構成物とは・・・

土地の構成物とは,土・砂などまさに土地そのものを構成している物のことをいいます。 または,取引通念上,土地と切り離して取引をする価値のない物,例えば,土地に生えている草や樹木なども,原則として土地の構成物ということになります。

よく間違っている人がいるのですが,土地の構成物と土地の定着物とは全然違う物ですから気をつけて下さい。

土地の構成物は土地から独立して別個の不動産となることはありませんが,土地の定着物は土地とは別個の不動産です。



土地の定着物とは・・・

土地構成物が上記のような物だとすると,土地の定着物とは,これら以外で土地と一体の物として取り扱われている物のことをいうことになります。

代表的な物は「建物」です。 外国では,建物は土地と一体の不動産として扱われている場合も多いのですが,日本の民法では,土地と建物は別個の不動産として取り扱われています。

その証拠に,土地と建物とは別々に登記をしなければなりませんし,固定資産税も土地と建物では別々に課税されています。

その他にも,明認方法を施した樹木や立木法の登録をした樹木なども,土地とは別個の不動産として扱われることになります。




【関連書籍】






・・・相続問題について興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「相続問題の取扱説明書」をご覧下さい。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

2010.03.11 Thu 02:44  |  

初めまして。
立川で不動産業を営んでおります。

是非読んでみたいと想います!!!

不景気ですがお互いがんばりましょう!
また覗かせて頂きます(^^)

2010.10.06 Wed 01:03  |  Re: タイトルなし

こちらこそよろしくお願いいたします。

> 初めまして。
> 立川で不動産業を営んでおります。
>
> 是非読んでみたいと想います!!!
>
> 不景気ですがお互いがんばりましょう!
> また覗かせて頂きます(^^)
  • #-
  • シンマイ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)

Trackback

http://minnpou.blog81.fc2.com/tb.php/25-5b3377b8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。