スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抵当権はどうやって実行するのか?

Q.抵当権はどうやって実行するのか?

A.民事執行法に基づき裁判所を介して行う「競売」と裁判所を介さずに担保不動産の所有者が自主的に行う「任意売却」とがある。



抵当権の実行・・・

抵当権とは,債務の担保として差し入れられた不動産から,優先的に弁済を受けることができる担保物権です。

担保が差し入れられている債権のことを「被担保債権」といいますが,この被担保債権が支払われなった場合,抵当権者は抵当権を行使して担保として差し入れられている不動産を売却することができます。

このように,実際に抵当権を行使することを,抵当権を「実行する」ということがあります。



抵当権実行の方法・・・

抵当権を実行する方法には,2つの方法があります。

1つは,競売(正式には「けいばい」と読みます。)です。 民事執行法の規定に従い,裁判所の監督のもと,不動産を競り売りするのです。

もう1つは,任意売却(略して「任売」と言われます。)です。 これは,競売ではなく,担保不動産の持主が,自主的にその不動産を売ることをいいます。 裁判所を介在せずに売ることから,「任意」売却と呼ばれています。

一般に,任意売却の方法をとることが多いと思います。 任意売却の方が,競売よりも早く,しかも高額で売れることが多いからです。

もっとも,常に任意売却の方が早く高く売れるとは言い切れません。 物件によっては,むしろ,競売の方が早く高額で売れるということもあるからです。




【関連書籍】






・・・民法以外の法律や法律実務に興味をお持ちの方は,「法律と法曹の取扱説明書」をご覧下さい。




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://minnpou.blog81.fc2.com/tb.php/28-af18f318

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。