スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子の監護に関する義務とは?

Q.子の監護に関する義務とは?

A.子の監護とは,親権者が子の身上を監督,保護し,子を育成することをいう。 そして,親権者は,子の監護をする義務を負う。



子の監護とは・・・

子の監護とは,子の身上監護することをいいます。 子の住まいを決めたり,しつけをしたり,教育を施したり,子がすることについて様々な同意や許可を出したりすることなど,子供の身体に関する監督・保護・育成をすることです。

要するに,子どものために衣食住を整えて子育てをすることといえます。 これを「身上監護権」といいます。

親権者は上記のような身上監護権のほかに子の財産管理権を有しています。 つまり,監護権というものは,親権の一部なのです。



子の監護義務とは・・・

【民法第820条】
親権を行う者は,子の監護及び教育をする権利を有し,義務を負う。


上記のように,子の監護について親権者又は監護権者権利を持っていますが,同時に,子の監護をしなければならないという義務も負っています。

身上監護権を有する者,つまり親権者は,自らちゃんと子育てをしなければならないという義務を負うのです。

この監護権・監護義務は,通常,親権者が有し又は負うことになりますが,親権者が監護権者・監護義務者として不適当である場合には,別の者を監護権者・監護義務者とすることができます。

そして,この監護義務に基づいて,子は,親権者等に対して養育費の請求をすることができます。 監護権者には子どもの生活の面倒をみる義務があるからです。




【関連書籍】






・・・交通事故に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「交通事故の取扱説明書」をご覧下さい。




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://minnpou.blog81.fc2.com/tb.php/46-dc118ce3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。