スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続とは?

Q.相続とは?

A.ある人(被相続人)の死をきっかけとして,その人が有していた財産や負債等が特定の親族(相続人)へと移転することをいう。



相続の意味・・・

相続とは,ある人の死をきっかけとして,その人が有していた財産や負債等が特定の親族へと移転することをいいます。



相続人と被相続人とは・・・

この亡くなった人のことを「被相続人」といいます。 他方,相続を受ける親族等のことを「相続人」といいます。



相続制度の存在意義・・・

なぜ相続なんて制度があるのでしょうか?

これは,はっきり言ってしまうと,理屈では説明しきれないものがあります。 親族という制度があることから,当然に派生して生まれた制度であると考えるのが一般的です。

あえて理屈をつけるとすれば,財産の取得や拡大に貢献したという点でしょうか。

つまり,亡くなった人が資産を手に入れたり増やしたりできたのは,その人の努力だけでなく,親族である相続人たちの協力があったおかげであるという場合があります。

逆に,亡くなった人が借金を背負ったり増やしたりしてしまったのも,相続人たちにも責任があるという場合もあるでしょう。

そのため,被相続人の資産は,その取得や増大に貢献した相続人に受け継がせるべきであり,被相続人の負債も,その責任の一端を担う相続人が受け継ぐべきであるという発想です。

もちろん資産拡大に何ら貢献していない相続人や,負債増大に何ら責任もない相続人もいます。 そういう人たちのことを考えると,理屈としては弱い感じがします・・・

やはり「血は水よりも濃い」というような理屈を超えた思想が,相続制度の根拠となっているのだと思います。

相続という制度について異議を唱える人はあまりいないことからも,一般的な感覚として,親族である以上,相続は当然発生し得るということが社会的一般的に認知されているのだと言えるでしょう。




【関連書籍】






・・・離婚問題に興味をお持ちの方は,姉妹ブログ「離婚問題の取扱説明書」をご覧下さい。




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

http://minnpou.blog81.fc2.com/tb.php/56-d1c62ff3

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

シンマイ01

Author:シンマイ01

現在,東京都立川市で,LSC綜合法律事務所という個人の方・中小企業の方を対象とした法律事務所を経営している弁護士です。


法律問題,特に民事の問題でお悩みの方は,当ブログや姉妹ブログ,事務所のHPをご覧ください。もちろん,ご相談もお受けします。お気軽に,LSC綜合法律事務所までお問い合わせください。お待ちしております。


Takashi Shiga

全記事表示リンク

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

ソーシャル

lsclawをフォローしましょう

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。